ほびのおん。

日常の潤いに少しでも乾きを与えるための遺書

2018年2月10日。

 

 

ブログ、続けることに重きを置きすぎて、辛くなってきました。でも毎日綴りたいからなあ。死んだ後に誰かに見つけられて読み返して欲しいんだよなあ。

 

 

「メンヘラ神リスペクトしてそう」と言われました。彼女はとても面白い文章を書いていて、すごいなあと思います。たまに読みます。続!愛をください!

ただ私が崇拝してるのは南条あやさんなので、メンヘラ神意識は半分正解っていうくらい。古き良きメンヘラです。

 

 

南条さんの日記をはじめて読んでから、だらだらだらだら生き続けてたら2人の生きた年齢を越してしまいました。人生の終え方を考える頃になってきたなあ。生きてるうちは見向きもされなかったのに、死んでから注目されるなんて、という意見もあるけれど、見つけてもらうだけいいじゃない。埋もれていった人たちもたくさんいるんだよ。

 

 

ちゃんと書こう。おーしまい。