ほびのおん。

日常の潤いに少しでも乾きを与えるための遺書

2018年2月11日。

 

 

f:id:uyu2828:20180211142841j:image

 

 

自戒です。作りながら本当にこの通りだと思いました。みんなと楽しく馴染みながら過ごすことができなくて、サブカルチャーに逃げ込んでハマったなら、感性がズレていることを言い訳にしてはいけないんだと思いました。メンがヘラったのもなるべくしてなったことです。生き方がわからないならわかるまで生きしましょう。死に方を知りたいなら探しましょう。今日は朝からちゃんと起きて、溜まっていた洗濯物をして、薬もしっかり飲んで偉かったと思います。この生活がしっかり続けられればいいなと思います。

 

 

以上でした。