ほびのおん。

日常の潤いに少しでも乾きを与えるための遺書

2018年2月14日。

 

 

人間はもともと働くように体ができていて、毎日が休みになるとやることなく生きていくことに対して憂鬱な気分になるという話を聞きました。なので労働を始めました。チラシ配りマン。適当に書き溜めていた労働感想メモを載せます。

 


1日目 2月5日
久しぶりに朝早く起きて陽の光を浴びて風を感じて一般人のような気持ちになりました。昔働いていた人たちにも会って、やるぞやるぞやるぞ!って感じ。労働気持ちいいなあ〜〜最高〜〜↑↑

 


2日目 2月8日
勤務地が昔住んでたところで懐かしいなあ〜。住宅街だから道行く人が受け取ってくれるし優しくて最高だあ〜〜↑↑↑

 


3日目 2月9日
2連勤むり、街を歩く女の子がみんな可愛い。スカウトマン怖い。死ぬ。

 


4日目 2月14日(今日!)
バレンタインじゃん、帰ったら相棒見ながらKAITO生誕祭しよ。

 


1日目しか生きた心地しませんでした。今月はあと17日に出勤があります。それ以降の収入源はどうしましょうね。お仕事をください。トイレ掃除が得意ですよ。

 

 

おーしまい!