バンドマンに村を焼かれている。

日常の潤いに少しでも乾きを!

2018年5月18日。

 

 

人生諦めモードに入るきっかけになった出来事、年数数えたらもう6,7年くらい前の出来事なのに今でもはっきり夢を見ることがあります。今朝もそう。夢だったはずなのに心なしか子宮と頭皮が痛い。

 

 

嫌なことって人に話せば軽くなるとか言われるけど、相手がよほど屈強な精神の持ち主じゃないと話せない。私の周りの大好きな人たちは軒並みメンヘラ被害を受けた人たちだからこれ以上は絶対に話したくない。嫌な思いになってほしくないしみんな本当に大好きだから。だけど溜め込めるほど私自身強くないんだよなあ。

 

 

 

最近筋トレを始めました。中身が弱いなら器を強くすればいいじゃない。今までひどいことをしてきた人たちやこれから出会うひどいことをしてくる人たちを殺すことができるくらい。動機が暗いぞ。でも誰かを守るためなんておこがましいことは言いたくない。みんな自分のことは自分で守っていくしかない。

 

 

事実が無になることはないし、泣いても喚いても明日は来るし、私の処女膜がかえってくることもない。

 


話せなかった出来事をチクチクと腕に書きながらブログを打ってるので支離滅裂。今日は胸トレするぞー。